• ホーム
  • 良い中古ドメインの見つけ方

良い中古ドメインの見つけ方

2019年08月01日

中古ドメインの購入はそのドメイン名以外にもSEO効果やドメイン名としての価値を購入するといったものであり、考えれば考えるほど良い中古ドメインを探すのは難しくなります。その点で新規ドメインであれば探す必要がないので気楽なものですが、収益化を考えるのであれば、やはり中古ドメインを使うことがより短期間のうちに目標を達成する手助けとなりえるものです。

良い中古ドメインの見つけ方としては、販売サイトで探す方法のほか専門の業者に探してもらう探し方や、自ら探すという方法もあります。自ら探す場合には期限切れドメインを探すことで、探し方はほぼ偶然といったものですが、ネットサーフィン中にリンク先のページが表示されていない場合などです。ページが表示されていない場合には期限切れドメインになっている可能性があり、上手くいけば新規ドメインを取得するのと変わらない価格で手に入れることが可能です。

ただ実際のところ良いものは、サーバーの運用をしていなかったり、契約を更新してないだけでドメインだけは更新しているケースもあります。この場合には交渉すれば譲ってもらえる可能性もあります。しかし、このような中古ドメインは一定のリスクがあることも事実で実際に購入するまで調査やテストを行うなど慎重にならなければなりません。価格が安いからといってブラックリストに入っている場合には著しくドメインとしての品質が低下することになります。

やはりベターなのはオールドドメインを専門に扱っている業者です。この場合にはオールドドメインの仲介だけをしているところと探してくれるところがあり、どちらも信頼できる業者であれば少なくとも取引時のトラブルを避けることができますし、スコアによって適正な価格でドメインを手に入れることが可能です。ただ品質に関しては期限切れドメインを購入するのと同様に調査しテストするといったことが重要になってきます。

一方で売りに出ている中古ドメインの傾向としては2種類あり、ひとつは運用してきた実績からドメインに価値があることを知っており、そのサイト運営が何らかの理由で継続することができないために売りに出しているケースと、もともと売りに出すためにドメインを育てているといったケースです。前者は純粋にサイト運営の成果ですからブラックリストといったリスクは小さいものですが、後者は売ることを目的にドメインを育てているため一定のリスクがあることに留意する必要があります。